メッツァビレッジの住人

24
布のある暮らしで生活を豊かに。自分の欲しいものがきっと見つかる場所

布のある暮らしで生活を豊かに。自分の欲しいものがきっと見つかる場所

メッツァビレッジの住人第23回は、マーケットホール2階にオープンした「ルネ・デュー(LUNE D'EAU)」です。代表取締役社長の八木孝彰さんに「ルネ・デュー」について、また、長年通う北欧の人たちの暮らしについて、手軽に取り入れられるインテリアのアドバイスなど、いろいろと教えていただきました。 「ここにお店を出したらきっと楽しい。そんな空気感にひかれました」 「ルネ・デュー」が「メッツアビレッジ」にオープンしたのが、2月15日。施設のオープンから3ヶ月が過ぎた頃でした。実

56
エリアでいちばん多く“北欧雑貨”が集まる場所

エリアでいちばん多く“北欧雑貨”が集まる場所

メッツァビレッジの住人・第22回は、マーケットホールの2階にある北欧雑貨です。大人気のマリメッコやイッタラ、フィンレイソン、そしてフィンランドを代表するお菓子メーカーのファッツェルまで!北欧初心者でも手に取りやすいアイテムが勢揃いしています。もちろん連日盛況ですが、こんなに受け入れられるとは、少し前まで想像していなかったようですよ! 人気サイト「北欧雑貨」の実店舗が生まれるまで 北欧から直輸入のデザイン雑貨、インテリア雑貨などを販売する人気サイト・「北欧雑貨」。初の実店舗

30
太陽の下でおいしいビールを飲む最高の幸せ!

太陽の下でおいしいビールを飲む最高の幸せ!

メッツァビレッジの住人・第21回は、前回に続き「LAGOM(ラーゴム)」と「UTEPILS(ウーテピルス)」についてです。メッツァビレッジの運営会社、ムーミン物語の飲食部門でマネージャーを務める小林由美子さんにお話を伺いました。 ビールありきで作った屋外レストラン メッツァビレッジの屋外レストラン「UTEPILS」には、飲食を販売するコンテナのほか、テントやテーブル、チェアーが置かれた心地の良い空間が広がっています。食べている人もくつろいでいる人もさまざまで、なんだか楽し

41
大切にしたいことは、変えたくない。女性目線で作ったレストラン「LAGOM」

大切にしたいことは、変えたくない。女性目線で作ったレストラン「LAGOM」

メッツァビレッジの住人・第20回は、施設内にあるレストランのなかでも一番の広さを誇るスモーブロー専門レストラン「LAGOM(ラーゴム)」と屋外レストラン「UTEPILS(ウーテピルス)」をご紹介します。メッツァビレッジの運営会社、ムーミン物語の飲食部門でマネージャーを務める小林由美子さんにお話を聞きました。 「女性に響く、シビれるようなお店」その一言で決意しました 「入社前はオーガニック食材を使ったアイシングクッキーとケーキの制作・販売、毎週日曜日にオープンする『サンデー

26
フィンランドで人気のライフスタイルショップ「TRE」が、日本に初上陸

フィンランドで人気のライフスタイルショップ「TRE」が、日本に初上陸

TRE in マーケットホール メッツァビレッジの住人・第19回は、マーケットホール棟の2階にあるライフスタイルグッズのショップ「TRE(トレ)」についてです。2016年8月にフィンランドの首都・ヘルシンキで1店舗目をオープンして以降、フィンランド国内に早くも8店舗を構え、この程日本に初上陸しました。「TRE」って一体どんなお店?何が置いてあるの?と、気になる方もたくさんいるでしょう。ちょうどメッツァ店オープンの時期に来日していた代表のターニャさん(写真)に、お話を聞くこと

50
心ときめくサイフォンコーヒーとアートを届ける不思議な空間

心ときめくサイフォンコーヒーとアートを届ける不思議な空間

metsä café in マーケットホール メッツァビレッジの住人第18回は、メッツァビレッジのオフィシャルカフェ「metsä café(メッツァカフェ)」です。可愛い雑貨がぎゅっと詰まった小さなお店は、まるでおもちゃ箱のような世界。いったい、どんな人たちが作っているのでしょうか。 「メッツァカフェ」のオープンは、ムーミンがつないでくれた縁 お話を伺ったのは「メッツァカフェ」を手がけた株式会社アートプリントジャパンの岡崎良祐さん。岡崎さんの専門はアート。カフェの運営に

9
森と湖があるメッツァだからできた「SOPIVA」初の実店舗

森と湖があるメッツァだからできた「SOPIVA」初の実店舗

SOPIVA HOKUOU in マーケットホール メッツァビレッジの住人・第17回は、マーケットホールの2階にある輸入雑貨のセレクトショップ「SOPIVA HOKUOU(ソピバ・ホクオウ)についてです。運営しているメンバーの方々は、実際にフィンランドやスウェーデンに暮らしている日本人女性。お店が掲げている“ほんものの北欧”にこだわるベースは、実はそこにあります。今回は日本のオフィスにいらっしゃる岩崎十三さん(写真下)が、おもしろエピソードをあれこれお話してくださいました。

11
自然と“もう一口”食べたくなる!優しさあふれるお菓子の秘密

自然と“もう一口”食べたくなる!優しさあふれるお菓子の秘密

ONE MORE BITE in ヴァイキングホール メッツァビレッジの住人・第16回は、ヴァイキングホールの1階にある「ONE MORE BITE」です。数々の受賞歴を誇る熊本県・吉井牧場の夢ミルクを使ったソフトクリームと、丁寧に作られた焼き菓子をメインに扱うお店で、焼き菓子はソフトクリームにトッピングして楽しむこともできます。常設店としては初出店というショップのお話と、美味しさにまつわるストーリーをお聞きしました。 そのままでも美味しいソフトクリームに、トッピング+焼

9
フィンランドの名門アートスクールが、メッツァビレッジにやってきた!

フィンランドの名門アートスクールが、メッツァビレッジにやってきた!

メッツァビレッジの住人・第15回は、フィンランドの名門アートスクール「ポルヴォー・アートスクール」が手がけるワークショップについてです。11月上旬、メッツァのオープンに合わせてフィンランドから来日していた3人の先生に、スクールの魅力やアートの素晴らしさについてお聞きしました。ハッピーオーラ満点の先生たちは、メッツァビレッジはもちろん、飯能の街も相当気に入ったようですよ! 名門学校のプログラムを継承するのは世界初! カラフルな色に身を包み、お揃いのマリメッコのエプロンをして

15
まだ未体験の“埼玉の食”と出会える。そんな場所にしたい

まだ未体験の“埼玉の食”と出会える。そんな場所にしたい

Moi saitama in マーケットホール メッツァビレッジの住人・第14回は、「丸広百貨店」がプロデュースした食のセレクトショップ「Moi saitama」です。創業70周年を迎える「丸広百貨店」が新業態のショップを開くのは…? 生まれも育ちも埼玉県という、「丸広百貨店」の新規事業開発部長・平 弘志さんに、新しく誕生した「Moi saitama」について伺いました。 埼玉県産の商品がズラリ。企業の枠を超えた新しいチャレンジ 「Moi saitama」という名前は初

16