ムーミン75周年とフィンランド国立博物館の動画ツアー、そしてムーミンバレーパークに思いを馳せる2020年の年の瀬に
見出し画像

ムーミン75周年とフィンランド国立博物館の動画ツアー、そしてムーミンバレーパークに思いを馳せる2020年の年の瀬に

1945年の最初のムーミン小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから75年目にあたる今年2020年の「ムーミン75周年」も終わりを迎えようとしています。

ムーミンバレーパークでも、75周年を記念した限定商品やフードメニュー、ワークショップメニューなどを展開してきました。

画像1

フィンランド・ヘルシンキのフィンランド国立博物館(Mannerheimintie 34, Helsinki)でも、ムーミン75周年記念企画展「勇気、愛、自由! 」というイベントが開催されました。「魔法のような旅」をテーマに、トーベが生み出した「ムーミン」の価値と哲学を発見をしながら、体感できる遊び心が散りばめられた企画展です。

先日、フィンランドの友人から、こちらの展示の日本語のバーチャル動画ツアーのことを教えてもらいました。わざわざフィンランドに行かなくても、展示内容が体験できるこちらの動画がとても素敵だったので、ぜひ、ご紹介できればと思いました。

動画の言語はすべて日本語で、日本人ガイドさんと、今年フィンランドで公開、来年日本でも上映する映画「TOVE」でトーベ役を務めた俳優のAlma Pöysti(アルマ・ポユスティ)さんが案内役を務めています。

こちら↓がその動画。20分ほどの、見ごたえのある内容です!

展示内にも、ムーミンバレーパークの展示施設KOKEMUSにも登場する「トーベ・ヤンソンとムーミン展」内で紹介しているトーベとその家族の肖像画や、ムーミンの変遷、絵本『それからどうなるの?』の体感展示コーナーさながらのエリアも登場していました!


こちら↓はムーミンバレーパークの展示

画像2

画像3

「勇気、愛、自由! 」展に登場する、キャラクターたちの紹介を通して、ムーミンバレーパークの展示でも紹介しているムーミンの哲学ー友情、愛、自然への畏敬、冒険を愛すること、平等、寛容性、自由、勇気など、「ムーミン」を通して描かれる作品の価値観についても、改めて考えさせられます。言い換えれば、根っこのムーミンの物語の本質は一緒なので、それをフィンランドの国立博物館と私たちのパークはどのようにそれぞれ表現をしているか、の違いだけなのです。結果、作り手側としては、本国と、ちゃんと同じ方向性を向いていることをうれしく思ったのも正直な話です。

動画内には、「じゃこうねずみ」とじゃこうねずみのお気に入りのムーミン屋敷のハンモックについても言及がありましたね!(こちらのハンモック、ちゃんとムーミンバレーパークのムーミン屋敷にも、あります)

画像4

そして、「仕事に遊び心を見出すことができ、遊び心を持ちながら仕事ができる、これ以上楽しいと思えることが、あるでしょうか」、というツアー動画の冒頭に紹介されているトーベの言葉は、「働け、そして愛せよ」という人生哲学を持ち、大切なものに“愛”と“仕事”を掲げ、自分に正直に生きることを貫いた芸術家であった、とてもトーベらしい言葉でもあるのではないでしょうか。


フィンランド国立博物館のバーチャル動画ツアーとしてこちらの動画の魅力を楽しんでいただきつつ、ムーミンバレーパークのことを思い出したり、パークに実際に訪れて答え合わせをしたりと、「ムーミン」という作品を通して、2倍の楽しみ方がある動画として見ていただけたら、私たちもうれしいです。


Hyvää joulua ! /god jul !/メリークリスマス!


文:川崎 亜利沙

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
メッツァにも遊びにきてくださいね。
メッツァはフィンランド語で「森」。豊かな自然の中、北欧に流れているようなのんびりとした居心地の良い場所が「メッツァ」です。北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」、ムーミンの物語の世界観あふれる「ムーミンバレーパーク」の魅力をお届けいたします。