見出し画像

「ロイヤル コペンハーゲン」の食器で北欧料理が楽しめる! 世界初のカフェが誕生

nordics (ノルディックス) in ピーアパートメント

メッツァビレッジの住人・第11回は、「ウエッジウッド(WEDGWOOD)」や「ロイヤル コペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN )」などのブランドを展開する「フィスカースジャパン」が手がけたコンセプトカフェ「ノルディックス(nordics)」です。マルチブランドのテーブルウエアが楽しめるカフェは、世界でも初の試みだとか! いったいどんなカフェなのでしょうか。

「フィスカース」を知ってもらうのにぴったりな場所

お話を伺ったのはフィスカースジャパンの社長、クリストフ・ランシューさん。なぜ「メッツァビレッジ」にマルチブランドカフェをオープンすることにしたのか、いろいろと教えていただきました。

「私は小さい頃からムーミンの大ファンでした。話にちゃんとオチがあって筋が通っている。親に説教されるよりも、ムーミンの話を読んでいる方がいいな。と思って本を読んでいました。そんな個人的な思い出もあったので『ムーミン・バレー・パーク』の隣に『メッツァビレッジ』ができるという話を聞いて、これは絶対に店舗を出したいと思いました。
『フィスカース』は1649年に創業されたフィンランドで一番古い歴史を持つ会社ですが『フィスカースジャパン』ができてまだ1年です。『フィスカース』は、北欧のブランドをはじめ、いくつものブランド(※1)を持っているので、ブランドや会社のことをみなさんに知ってもらうのにもぴったりな場所だと直感しました」

商品の良さを伝えるには、実際に使ってもらうのが一番!

「『メッツァビレッジ』を訪れたのは、ちょうど梅雨に入った時期で、当日はドシャブリの雨。コンディションとしては最悪の天気でした。みんなで泥だらけになりながら現地を見て回ったのですが、あんな状況にもかかわらず、あの場所に魅力を感じたんです。目の前に湖が広がって、緑豊かな森があって、工事現場があって、泥まみれになって……(笑)。自然あふれる森の中で、最高な環境だと思いました」

当初はテーブルウエアの物販店を出店するという案もあったそうですが「もっとカジュアルに、商品を実際に使ってもらいたい」との思いが、カフェの出店へとつながったそうです。

「テーブルウエアとういうのは、展示だけでは本来の魅力が伝わりにくいものなんです。その商品が欲しいのか欲しくないのか、好きなのか好きじゃないのか、それだけで終わってしまうんですね。
以前はお金の使い方がとても物質主義的でしたが、今お金の使い方は“モノからコト”に変化しています。キレイな品物だから欲しい。ブランド物だから欲しい。とうことではない。どこにお金を使うかというと“エクスペリエンス”なんです。自分で使って体験して、商品本来の良さが分かる。それで、実際に食器を使っていだだけるお店を作りたかったんです。
数年前には既にカフェのアイディアがあったのですが『フィスカース』のブランドを定期的に変えていったら良いね。面白いね! と話が盛り上がって、それぞれのブランドのストーリーをしっかりと伝えられるマルチブランドのカフェ『ノルディックス』を作ろう! となったのです」

「11月のオープンは『ロイヤル コペンハーゲン』からスタートします。日本の方々にも愛されているブランドですし、クリスマスを祝うのにもぴったりですよね。
日本で一番人気のある柄は『ブルーフルーテッド』ですが、本国のデンマークで一番人気があるのは同じ柄をクローズアップしたメガというシリーズになります。せっかくですので今回はデンマークで一番愛されている食器を中心に、ノルディックスタイルの食事を楽しんでいただこうと思っています。
もちろん、食器が良いな、欲しいと思ったらその場で購入できるよう、物販エリアも設けています。クリスマスの限定商品も並びますので、楽しみにしてください」

カフェのメニューにはサーモンやポークを使った北欧のオープンサンドイッチや、デンマークの屋台で人気のデンマークスタイルのホットドッグなどが登場予定。オリジナルのティーやコーヒーなども用意され『ロイヤル コペンハーゲン』の世界観にどっぷりと浸れそうです。

「『ノルディックス』は『フィスカース』の本国フィンランドにもどこにもない、世界初の試みになるので、まずはお客様の声を聞きたいですね。これは良いだろうと思って用意しても、お客様の居心地が良くなければダメですから。自己満足で終わらず、進化し続けていくことが大切だと考えています。皆様の心をくすぐるようなお店にしていきたいと思いますので、ぜひ期待してください」

取材・文/美濃羽佐智子
写真/末松千夏


※1 フィスカースジャパンの取り扱いブランド
フィスカース(FISKARS)、イッタラ(IITTALA)、ロイヤル コペンハーゲン(ROYAL COPENHAGEN )、ウエッジウッド(WEDGWOOD)、ウォーターフォード(WATERFORD)、ローストランド(RÖRSTRAND )、アラビア(ARABIA)、ロイヤルアルバート(ROYAL ALBERT )、ロイヤルドルトン(ROYALDOULTON)、ロガシュカ(ROGASKA)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

11

メッツァ metsä

埼玉県飯能市宮沢湖周辺オープンする、北欧のライフスタイルを体験できるメッツァビレッジ(2018年11月9日オープン)、ムーミンバレーパーク(2019年3月16日にオープン)を運営するメッツァの公式アカウントです。 お店やイベントの紹介、施設の魅力や楽しみ方をご紹介していきます。

メッツァビレッジの住人

北欧のライフスタイルを体験できる場所、「metsa village (メッツァビレッジ)」になぜ出店を決めたのか? 出店されるテナントさんの想いをご紹介していきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。