ムーミンバレーパーク

36

「ムーミンバレーパークのAto Z」【K】Kauppa&Kahvila (ショップ&カフェ)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

【K】は、奇しくも、Kが2つ並ぶキーワード。
「Kauppa&Kahvila」(カウッパ ヤ カハヴィラ)。パーク内の「ショップ&カフェ」です。

北欧やフィンランドに行かれたことがある方から「フィンランドにいるみたいで

もっとみる
イイねしてくれたあなたにとっても、「♡」なことが起こりますように
5

「ムーミンバレーパークのAto Z」【J】Jansson (パークの中の‛ヤンソン‘)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

【J】は、「Jansson」(ヤンソン)。

「Jansson(ヤンソン)」といえば、ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンですが、ムーミンバレーパークでは、トーベを中心に、その家族や血縁のいろんな「ヤンソンさん」が登場し

もっとみる
イイねしてくれたあなたにとっても、「♡」なことが起こりますように
16

「ムーミンバレーパークのAto Z」【G】Guest ゲスト

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

ここ、ムーミンバレーパークでは、訪れたお客さまのことを、「ゲスト」と呼びます。
対して、働く従業員は「スタッフ」です。
この名前になるまでに、もちろん紆余曲折はありました。
今回は、私たちのパークにとって大切なみなさん=

もっとみる
次の記事も、楽しみにしていただけたらうれしいです。
15

「ムーミンバレーパークのAto Z」【F】Flower 花

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

今回の【F】は、パークの中で、実は一番頻繁に入れ替わっている「隠れアトラクション」的存在ともいえる花(Flower)についてご紹介します。

ムーミンのイラストは、キャラクターが描かれるとき、キャラクターのみではなく、お

もっとみる
イイねしてくれたあなたにとっても、「♡」なことが起こりますように
18

アンブレラスカイ・デザインプロジェクトをもっと楽しむためのお話

メッツァビレッジ、ムーミンバレーパーク両エリアで開催中の「メッツァ アンブレラスカイ・デザインプロジェクト2020」。

大好評のプロジェクトについて、初年度のこと、アートディレクターの鈴木氏のコメント、それぞれのエリアの制作コンセプトやエピソード、アンブレラスカイ´デザイン’プロジェクトであるということ、「黒」を使う理由、そして今なぜアンブレラスカイなのか、を改めてご紹介します。

2019年に

もっとみる
Kiitos! (フィンランド語で、「ありがとう」)
27

「ムーミンバレーパークのAto Z」【B】Building(たてもの)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

今回の【B】は、パークの縁の下の力持ち的な存在の「Building(たてもの)」。

カラフルでかわいいと好評のパーク内の建物は、北欧フィンランドのいくつかの街並みがモデルになっていることをご紹介しています。

詳しくは

もっとみる
メッツァにも遊びにきてくださいね。
20

「ムーミンバレーパークのAto Z」【A】Alku Kauppa(はじまりの店)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

今回は、アルファベットのはじまりである‘A’にまさにふさわしい場所。
「はじまりの店 Alku kauppa(アルク カウッパ)」のクリエイティブの裏側をご紹介しています。

このショップで、黄色が使われているのは、なぜ

もっとみる
Kiitos! (フィンランド語で、「ありがとう」)
24

リニューアルしたチケットのメッセージと、ムーミンのストーリーのこと

ムーミンバレーパークの当日チケットが10月1日から6種類で登場しています。

リニューアルしたチケットは、小説を軸につくられたムーミンバレーパークという場所を象徴するように、アーティストであった作者のトーベが描いたアートを使用しました。

ムーミンの作品と切っても切り離せないのが「ストーリー」です。各キャラクターは、物語に登場する個性豊かなムーミン谷の仲間たちの魅力を引き出すそれぞれのキャッチコピ

もっとみる
メッツァにも遊びにきてくださいね。
52