ムーミンバレーパーク

36

「ムーミンバレーパークのAto Z」【K】Kauppa&Kahvila (ショップ&カフェ)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

【K】は、奇しくも、Kが2つ並ぶキーワード。
「Kauppa&Kahvila」(カウッパ ヤ カハヴィラ)。パーク内の「ショップ&カフェ」です。

北欧やフィンランドに行かれたことがある方から「フィンランドにいるみたいで

もっとみる
次の記事も、楽しみにしていただけたらうれしいです。
11

「ムーミンバレーパークのAto Z」【J】Jansson (パークの中の‛ヤンソン‘)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

【J】は、「Jansson」(ヤンソン)。

「Jansson(ヤンソン)」といえば、ムーミンの生みの親、トーベ・ヤンソンですが、ムーミンバレーパークでは、トーベを中心に、その家族や血縁のいろんな「ヤンソンさん」が登場し

もっとみる
Kiitos! (フィンランド語で、「ありがとう」)
16

2歳になった「ムーミンバレーパーク」、いままでとこれから

本日、2021年3月16日。
ちょうど2年前の2019年3月16日に、「ムーミンバレーパーク」はオープンいたしました。
引き続き、ゲストのみなさまに心地よい時間を過ごしていただける場所になるよう、改めて決意を新たにするとともに、初心忘るるべからずということ、また、2周年の記念に、今から5年前の2016年に制作した、まだ建物もなかった頃に計画していた内容のムービーを、改めて公開することに致しました。

もっとみる
メッツァにも遊びにきてくださいね。
23

「ムーミンバレーパークのAto Z」【I】Ivana Helsinki スタッフの制服ブランド

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

【I】は、「Ivana Helsinki」(イヴァナ・ヘルシンキ)。

スタッフが着ている制服をデザインしているフィンランドを代表するブランドで、この制服だから働きたい!というスタッフもいるほどパークにとっては欠かせない

もっとみる
メッツァにも遊びにきてくださいね。
18

「ムーミンバレーパークのAto Z」【H】Hemulin leikkipaikka ヘムレンさんの遊園地

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

パークの「冒険と思索の山」であるおさびし山エリアには、ムーミンの物語の中で短編が集められた小説『ムーミン谷の仲間たち』に登場する「静かなのがすきなヘムレンさん」というお話をモチーフしたツリーハウスやアスレチックがあります

もっとみる
次の記事も、楽しみにしていただけたらうれしいです。
16

「ムーミンバレーパークのAto Z」【D】Diorama(ムーミン谷のジオラマ)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

今回は【D】。

パークでは主役級の存在感を放つ、展示施設Kokemus(コケムス)にある
「ムーミン谷のジオラマ」=Diorama(ジオラマ)をピックアップしています。

建物の2階から3階の2フロアをまるまる使った約

もっとみる
イイねしてくれたあなたにとっても、「♡」なことが起こりますように
15

なぜ、私たちは今イベントをするのかー「ウインターワンダーランド」の意義【後編】

なぜ、私たちは今イベントをするのかー「ウインターワンダーランド」の意義【前編】に引き続き、後編です。

1.作者トーベの平和への思いを引き継いでー「Breath / Bless Project 」『Dandelion 』

「アドベンチャーウォーク」ツアーが終盤を迎える「ムーミン谷エリア」は、春を迎えたムーミン谷が舞台で、ゲストが訪れたムーミン谷エリアに、春を感じる演出を用意しているうちの1つです

もっとみる
次の記事も、楽しみにしていただけたらうれしいです。
19

なぜ、私たちは今イベントをするのかー「ウインターワンダーランド」の意義【前編】

1.冬季限定イベント「ウインターワンダーランド」と開催への思い

ムーミンバレーパークの冬季限定イベント「ウインターワンダーランド」は、原作の小説『ムーミン谷の冬』の世界を舞台に、冬眠からひとりだけ目覚めてしまった主人公のムーミントロールが、いろいろな生きものと出会い、孤独を乗り越え成長していく物語を昼と夜でそれぞれ追体験できるイベントです。

こちらの「ウインターワンダーランド」は、昨年も開催し

もっとみる
Kiitos! (フィンランド語で、「ありがとう」)
32

ムーミン75周年とフィンランド国立博物館の動画ツアー、そしてムーミンバレーパークに思いを馳せる2020年の年の瀬に

1945年の最初のムーミン小説『小さなトロールと大きな洪水』が発表されてから75年目にあたる今年2020年の「ムーミン75周年」も終わりを迎えようとしています。

ムーミンバレーパークでも、75周年を記念した限定商品やフードメニュー、ワークショップメニューなどを展開してきました。

フィンランド・ヘルシンキのフィンランド国立博物館(Mannerheimintie 34, Helsinki)でも、ム

もっとみる
Kiitos! (フィンランド語で、「ありがとう」)
30

「ムーミンバレーパークのAto Z」【G】Guest ゲスト

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。

ここ、ムーミンバレーパークでは、訪れたお客さまのことを、「ゲスト」と呼びます。
対して、働く従業員は「スタッフ」です。
この名前になるまでに、もちろん紆余曲折はありました。
今回は、私たちのパークにとって大切なみなさん=

もっとみる
メッツァにも遊びにきてくださいね。
15