メッツァ metsä(ムーミンバレーパーク・メッツァビレッジ)

メッツァはフィンランド語で「森」。豊かな自然の中、北欧に流れているようなのんびりとした居心地の良い場所が「メッツァ」です。北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」、ムーミンの物語の世界観あふれる「ムーミンバレーパーク」の魅力をお届けいたします。

ムーミンバレーパークのA to Z

【T】Taikurin seikkailupaikka(飛行おにのジップラインアドベンチャー)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【T】は「Taikurin seikkailupaikka」(タイクリン セイッカイルパイッカ)。 呪文のような言葉ですが、日本語では、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」というアトラクション名が付いている場所です。正確なフィンランド語としては、「飛行おにのアドベンチャープレイス」というような意味合いになります。

スキ
5

【R】Ruokala(ムーミン谷の食堂)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【R】はパーク内にある「ムーミン谷の食堂」(Moominlaakso Ruokala)の「食堂」を意味するフィンランド語のRuokala(ルオカラ)。 ここは、パーティー好きのムーミンたちが、これほど盛大なパーティーは初めて、といったほどのムーミン谷はじまって以来の大パーティが開催された場所! 「ムーミン谷の食堂」では

スキ
8

「ムーミンバレーパークのAto Z」【Q】Quote(ムーミン作品の名言やことば)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、 アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【Q】はQuote(クオート)。英語では、本などからの引用という意味でも使われますが、今回は、ムーミン作品の名言やことば、という観点からご紹介します。 ムーミン作品の挿絵とともに、物語を形づくる重要な役割を担っているのが、「ことば」です。 個性豊かな仲間たちが登場するムーミンの物語は、読む人に多様な気づきを与えてくれ

スキ
11

「ムーミンバレーパークのAto Z」【P】Paja(ワークショップ)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、 アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【P】はPaja(ワークショップ)。 Paja(パヤ)は、フィンランド語で、そのまま、ワークショップの意味です。(パジャ、ではなく、jaは、フィンランド語では、ヤの発音になりますので、「パヤ」と読みます) 豊かな自然の中にありながらも、ミュージアム要素の展示施設などもあるムーミンバレーパークは、単純な「テーマパーク」と

スキ
13

ムーミンバレーパーク

【T】Taikurin seikkailupaikka(飛行おにのジップラインアドベンチャー)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【T】は「Taikurin seikkailupaikka」(タイクリン セイッカイルパイッカ)。 呪文のような言葉ですが、日本語では、「飛行おにのジップラインアドベンチャー」というアトラクション名が付いている場所です。正確なフィンランド語としては、「飛行おにのアドベンチャープレイス」というような意味合いになります。

スキ
5

【R】Ruokala(ムーミン谷の食堂)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【R】はパーク内にある「ムーミン谷の食堂」(Moominlaakso Ruokala)の「食堂」を意味するフィンランド語のRuokala(ルオカラ)。 ここは、パーティー好きのムーミンたちが、これほど盛大なパーティーは初めて、といったほどのムーミン谷はじまって以来の大パーティが開催された場所! 「ムーミン谷の食堂」では

スキ
8

「ムーミンバレーパークのAto Z」【Q】Quote(ムーミン作品の名言やことば)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、 アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【Q】はQuote(クオート)。英語では、本などからの引用という意味でも使われますが、今回は、ムーミン作品の名言やことば、という観点からご紹介します。 ムーミン作品の挿絵とともに、物語を形づくる重要な役割を担っているのが、「ことば」です。 個性豊かな仲間たちが登場するムーミンの物語は、読む人に多様な気づきを与えてくれ

スキ
11

「ムーミンバレーパークのAto Z」【P】Paja(ワークショップ)

ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、 アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 【P】はPaja(ワークショップ)。 Paja(パヤ)は、フィンランド語で、そのまま、ワークショップの意味です。(パジャ、ではなく、jaは、フィンランド語では、ヤの発音になりますので、「パヤ」と読みます) 豊かな自然の中にありながらも、ミュージアム要素の展示施設などもあるムーミンバレーパークは、単純な「テーマパーク」と

スキ
13

メッツァビレッジの楽しみ方

メッツァビレッジの楽しみ方をご紹介します。

2歳になった「ムーミンバレーパーク」、いままでとこれから

本日、2021年3月16日。 ちょうど2年前の2019年3月16日に、「ムーミンバレーパーク」はオープンいたしました。 引き続き、ゲストのみなさまに心地よい時間を過ごしていただける場所になるよう、改めて決意を新たにするとともに、初心忘るるべからずということ、また、2周年の記念に、今から5年前の2016年に制作した、まだ建物もなかった頃に計画していた内容のムービーを、改めて公開することに致しました。 こちらは、メディア向けの記者発表会などでも紹介していたムービーです。 「ムーミ

スキ
23

アンブレラスカイ・デザインプロジェクトをもっと楽しむためのお話

メッツァビレッジ、ムーミンバレーパーク両エリアで開催中の「メッツァ アンブレラスカイ・デザインプロジェクト2020」。 大好評のプロジェクトについて、初年度のこと、アートディレクターの鈴木氏のコメント、それぞれのエリアの制作コンセプトやエピソード、アンブレラスカイ´デザイン’プロジェクトであるということ、「黒」を使う理由、そして今なぜアンブレラスカイなのか、を改めてご紹介します。 2019年に初開催した「森と、湖と、アンブレラと。」  メッツァビレッジの入口の道メッツァ

スキ
27

これはなんの色?「ハーベスト」のストーリー

人はいつからか、「色」の名前を覚えると、その色を指すときに、その名前を使うようになります。 名前を知らないいちばんはじめの子どもの頃は、大人に「赤はりんごの赤だよ」とか、「黄色はバナナの色だよ」などと教えてもらって、その色のことを認識したのではないでしょうか。 日本の秋のイベントは今やハロウィンが定着化しつつありますが、北欧では日本よりもハロウィンは浸透していません。もちろん、ムーミンの物語の中にも、ハロウィンのお話もありません。 そこで、メッツァ(メッツァビレッジとム

スキ
16

【個性と才能が爆発】プラネタリウムクリエイター大平貴之氏イベントワークショップレポート

星降るmetsä「Nordic Sky プラネタリウムスペース」の関連イベントで、2日間限定で定員にすぐ達してしまったスペシャル企画「プラネタリウム・クリエーター大平 貴之氏とワークショップを体験」のワークショップ最終日に潜入!イベントレポートをお届けします。 大平さんが監修した「学研プラス:大人の科学マガジン BESTSELECTION01」を組み立てて、お家で使えるピンホールプラネタリウム作りをします。 中にはキットが入っていて、順番に組み立てていきます。 冒頭、大

スキ
11

メッツァ紹介記事

2歳になった「ムーミンバレーパーク」、いままでとこれから

本日、2021年3月16日。 ちょうど2年前の2019年3月16日に、「ムーミンバレーパーク」はオープンいたしました。 引き続き、ゲストのみなさまに心地よい時間を過ごしていただける場所になるよう、改めて決意を新たにするとともに、初心忘るるべからずということ、また、2周年の記念に、今から5年前の2016年に制作した、まだ建物もなかった頃に計画していた内容のムービーを、改めて公開することに致しました。 こちらは、メディア向けの記者発表会などでも紹介していたムービーです。 「ムーミ

スキ
23

アンブレラスカイ・デザインプロジェクトをもっと楽しむためのお話

メッツァビレッジ、ムーミンバレーパーク両エリアで開催中の「メッツァ アンブレラスカイ・デザインプロジェクト2020」。 大好評のプロジェクトについて、初年度のこと、アートディレクターの鈴木氏のコメント、それぞれのエリアの制作コンセプトやエピソード、アンブレラスカイ´デザイン’プロジェクトであるということ、「黒」を使う理由、そして今なぜアンブレラスカイなのか、を改めてご紹介します。 2019年に初開催した「森と、湖と、アンブレラと。」  メッツァビレッジの入口の道メッツァ

スキ
27

「ムーミンバレーパークのAto Z」【B】Building(たてもの)

ムーミン公式サイトにて、ムーミンバレーパークのちょっとディープな情報を、AからZまでのキーワードにして、アルファベット順にご紹介していく「ムーミンバレーパークのA to Z」。 今回の【B】は、パークの縁の下の力持ち的な存在の「Building(たてもの)」。 カラフルでかわいいと好評のパーク内の建物は、北欧フィンランドのいくつかの街並みがモデルになっていることをご紹介しています。 詳しくは、こちらからご覧ください! ムーミンバレーパークのAtoZ に関しては、こちら

スキ
17

【個性と才能が爆発】プラネタリウムクリエイター大平貴之氏イベントワークショップレポート

星降るmetsä「Nordic Sky プラネタリウムスペース」の関連イベントで、2日間限定で定員にすぐ達してしまったスペシャル企画「プラネタリウム・クリエーター大平 貴之氏とワークショップを体験」のワークショップ最終日に潜入!イベントレポートをお届けします。 大平さんが監修した「学研プラス:大人の科学マガジン BESTSELECTION01」を組み立てて、お家で使えるピンホールプラネタリウム作りをします。 中にはキットが入っていて、順番に組み立てていきます。 冒頭、大

スキ
11

2019ムーミンの日

星を眺める時間があるという贅沢。ムーミンバレーパークの星空観賞会

夏本番の季節に実施された「~星降るmetsä~ ムーミンバレーパークの星空観賞会」。 こちらは事前予約制で7月と8月 のいくつかの週末の期間のバスツアーと、8/9の「ムーミンの日」と合わせて7日間しか実施されず、また、閉園後という特別なシチュエーションでパークに滞在できるレアなイベントで、すぐに定員となってしまい、参加したかった!というご意見も多くいただいたので、こちらで内容をご報告させていただこうと思います。 会場は、Kokemusとおさびし山のどちらかでの実施となりま

スキ
21

2019ムーミンの日のこと #7

 extra / おまけ 7回にわたってお届けしたムーミンの日のレポートも、これでおしまいです。青空の下、お天気にも恵まれた、夏らしい一日でした。 ムーミンも、はじまりの入り江エリアに登場。 来年はどんなムーミンの日になるのか…私たちも今から楽しみです。 これからも、私たちムーミンバレーパークは、ゲストのみなさまの愛するムーミンを少しでも身近にお届けできるよう努力を続けてまいります。 自然と自由を愛し、誰もが自分らしくありのままに生きられることを願い、亡くなるまで創

スキ
11

2019ムーミンの日のこと #6

Workshop&Products / ワークショップ&オリジナルグッズ ムーミンバレーパークのワークショップルームPaja(パヤ)ではオリジナルバッジづくりが実施され、多くの人に参加いただきました。 ムーミンの日のオリジナルグッズも、Alku Kauppa(はじまりの店)とKokemusのMuumilaakso Kauppa(ムーミン谷の売店)で販売。 ピンバッジやクッキー、マシュマロ、豆皿、ピンバッジ、オリジナルポストカードなどが登場しました。 5,000円以上お

スキ
10

2019ムーミンの日のこと #5

character cosplay / ムーミンの日 キャラクターコスプレ企画 「ムーミンの日の集い」で毎年開催されていたリトルミイのお団子コンテストがさらにパワーアップして、今年はムーミンバレーパークでもキャラクターコスプレを開催。 「ムーミンの日」をゲストの方々にも盛り上げていただき、そして楽しんでいただくため、リトルミイだけでなく、多様性あふれるムーミン谷のキャラクターたちになりきっていただこうということで、ムーミンに登場するキャラクターのコスプレをして来園いただい

スキ
13